海外サッカー

アトレチコ・マドリードがチェルシーを破り決勝へ進出

チャンピオンズリーグの準決勝が行われて、アトレチコ・マドリードが3-1でチェルシーに勝利し見事決勝に進出しました。

第1戦は予想通りでお互いが引いて戦う形となり0-0でしたが、セカンドレグはうって変わりお互いが点を取る試合展開になったようです。

お互い守備的なチームですが、チェルシーはフォワードが弱いと言われており、その部分での決定力の差が出たような印象を受けています。

一方のアトレチコ・マドリードはディエゴコスタを中心に決定力を見せつけたようです。

まだハイライト動画を見ていませんが点を取りあう試合は見ていると楽しめるので、早く動画を見てみたいと思います。

海外サッカー

マンUモイーズ監督が解任

マンUのモイーズ監督が解任されました。

今季の結果を考慮すると当然の結果ですが、来季のチャンピオンズリーグに出場ができないことが確定しそのタイミングでの解任であったために、何らかの契約解除事項があったことがわかりますね。

今季不名誉な記録をあれだけ続けたのに解任されないなんて6年契約恐るべしと思っていたのですが、さすがは海外というか契約がしっかり盛り込まれていたようですね。

普通なら辞任もありえるレベルだったのですが、モイーズ監督本人としてはどんな心境なのでしょうか?

古巣のエバートンに敗れた直後の解任ということもあり胸中は複雑だと思いますが・・・

これで注目を集めるのは来季は誰が指揮をとるからですね。

ドルトムントのクロップ監督の名も一部で上がっているようですが、即効で否定されていました。

これが香川選手にとって凶と出るのか吉と出るのかは、来季になってみないと誰にもわかりませんね。

日記

マンUエバートンに敗れる

イングランド・プレミアリーグ第35節(20日=日本時間21日、リバプールほか)マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(25)はアウェーのエバートン戦に左MFで先発したが、見せ場を作れず後半30分に退いた。7位に沈むチームは0−2で敗れ、5位以下が確定。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、連続出場が18シーズンで途切れたヤフーニュースより

最近はチャンピオンズリーグの試合にも出場し見せ場を作っていた香川ですが、今回は不調だったようです。

そもそもクロス至上主義のマンUでは香川の見せ場は少ないというか長所が全く生かされないのですが、マタが加入したことにより多少パスサッカー化していたのですが、香川個人の不調というよりも明らかにチーム全体の不振が原因ですね。

モイーズ監督がチームを立て直すことよりも解任される可能性が遥かに高いと思います。

いくら長期契約を結んでいるとは言えここまでの不振を誰が予想できたでしょうか?

マンUは大きな組織で株価の問題もあります。

将来のビジョンが正確な監督であれば多少の不振は仕方ないのですが、チームのビジョンが不明でワールドクラスの選手が足りないと口にしてしまう監督の元では、選手のモチベーションが上がらないことも当然です。

今季は完全に見せ場を失いました。来季のCLリーグ出場も逃しました。

あとはどこまで我慢できるかですか、個人的には我慢ができないような気がします・・・

プロ野球

イチローがビデオ判定で盗塁死

ヤンキースのイチロー外野手(40)は20日(日本時間21日)、レイズ戦で先発を外れ、同点の延長十一回に代走で途中出場。1死1塁の場面で二盗を試み、一度はセーフと判定されたが、敵軍がビデオ判定を求める「チャレンジ」を使用した結果、「アウト」に変更された。試合は、ヤンキースが延長十二回5‐1で勝ち、連敗を「2」で止めた。ヤフーニュースより

今シーズンからメジャーで導入されているビデオ判定、通称チャレンジというシステムですが、かなりの回数利用されているようです。

昔は時代が良かったというか、映像があまり残っていなかったのですが現在はネット全盛期の社会なので、きわどい判定は動画サイトに投稿されて厳しく議論されます。そんな時代の流れに沿う形とえば、ビデオ判定が導入されて当然だとも思います。

ジャンルこそ違いますが、テニスでは数年も前からホークアイというシステムが導入されています。

冷静に考えれば200キロのサーブを誤差なく判定するなんてどれだけベテランの審判であっても無理だと思います。テニスの世界では導入が成功しており特にビッグマッチでは公正に判断ができるので、論議を醸し出す誤審が減ったと考えています。

日本でもとっとと導入すればいいのに(今シーズンは一部利用されているようです)

もっと本格的に導入すればいいのに、日本のスポーツ界は腰が重たいですね。

プロ野球

中日連勝が止まる巨人に敗れる

昨日は久しぶりに野球をテレビ観戦しようと思ったら、いきなり0-4で巨人に負けている・・・

せっかくテレビで見れるチャンスが少ないのに、いきなりこのビハインドは厳しい。

確かに中日打線は好調です。でもそれは横浜銀行さん融資を受けて打線ホクホクにしてもらっただけで、一般的なプロ野球投手のレベルから大量得点は難しいのです・・・

それでも今季の中日の目玉として4番平田という売りがあります。私は2年前ほどから平田ファンです。

当時2ちゃんんえるでは焼きそば王子とも言われていて、ぷくぷく太っていてとても愛らかったです。

そんな平田りんが右にも大きいのを打てる打力がついに開眼し、見事4番の勤めの役目を果たしておりとても嬉しい限りです。

今シーズンは、西武:浅村、日本ハム:中田、中日:平田、となんと12チーム中3チームが大阪桐蔭出身の4番です。近年の大阪桐蔭出身の選手はすごい活躍で一時期のPLに匹敵するものだと思います。

中日はここ数年打線の低迷ぶりがひどかったです。昨年加入したルナは当たり外人でしたが、ブランコがいなくなってから打線に怖さが全くありませんでした。

和田選手も高齢にもかかわらず健在のため、今年の打線は期待ができそうです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。